「米帝に尻尾振り過ぎなのもどうかと思うぞ、前原氏」な件について

 それでも、菅総理をはじめとした活動家あがりや媚中・特アシンパ、極左馬鹿連中よりは、数倍マシですけどね。精神の片足が現実主義にタッチしている分、まだ脳味噌使った会話が成り立ちますもん。

首相の脱・原発、前原氏「ポピュリズム」と批判

 民主党の前原誠司前外相は26日、神戸市での講演で、菅首相の「脱・原発」の姿勢について、「振り子が急激に振れた時、国民の生活がどうなるのか考えるのが本来の政治だ。ポピュリズムで政治をしてはいけない」と批判した。

(6月25日 産経新聞)

 そもそも、歪なポピュリズムのアダバナたる民主党政権のエライサンが、どの口でそれを言いますかね?って感じではありますが>ポピュリズムで政治をしてはいけない。

 ここで「【番外編】色々間違ってるとある科学の超電磁砲」を紹介。


D

左遷さん…(TT)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です