「川に落とした」畠山被告、彩香さん殺害を供述

 秋田県藤里町の小学1年米山豪憲(ごうけん)君(7)が殺害された事件で、殺人容疑で再逮捕された近所の無職畠山鈴香被告(33)が、長女の小学4年彩香さん(当時9歳)の水死について、「川に落として殺害した」という内容の供述をしていることが15日、わかった。

 能代署捜査本部は、供述の裏付けを進め、17日に秋田地検が豪憲君殺害事件で畠山被告を殺人罪で起訴した後、彩香さん殺害容疑で再逮捕する方針。

 畠山被告の供述によると、4月9日夕、2人で自宅から約3キロ離れた藤琴川の大沢橋まで行き、川を見せようと彩香さんを持ち上げて橋の欄干に乗せた後、川に落としたという。

 捜査本部の調べで、同日午後6時から7時にかけて、大沢橋の上で畠山被告と彩香さんとみられる2人連れと、畠山被告の車と似た白い軽自動車が目撃されていた。

(読売新聞) – 7月16日

 あとは動機ですね。本人は否定しているけど犯罪被害者給付金なり保険金絡みじゃないかなあ。「彩香さんは事故死扱い」のため前者の金を貰えない=殺し損となったため、殺害後自ら「真相探し=殺人事件認定」キャンペーンを張っていたのだとしたら、全ての行動は繋がるし。

 となると、豪憲君の殺害動機はその「状況」を有利に演出するため…だったりしたら、あまりに酷すぎるなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です