「地上げ屋」ら10人を逮捕、スルガ社から資金40億円

 「不動産屋-地上げ屋-ヤクザ&警察OB」の関係なんて、今回の一件に限らず大して珍しいものでもありませんし、面白いネタでもありません。発覚の経緯が「菱印関連捜査→光誉実業の名前浮上→TBRビル案件疑惑発覚→スルガコーポレーション」なのか、「緒方重威らが絡んでいた朝鮮総連本部ビル事件の捜査→波及的にTSKビル案件疑惑も捜査→光誉実業(以下同)」なのかには、少々興味ありますけど。

 ただ、今回の捜査を受けてのスルガCの岩田社長のコメント「(光誉実業は)大阪流の熱意がある会社(と思った)」には、思わず大笑い。大音響でお経流したり、照明叩き割る行為が「大阪流の熱意」なんて言われたら、真っ当な浪速の商人さんの立つ瀬が無いじゃん(ニガワラ)。「(ヤクザ&解同系フロントというのは暗黙の了解で)仕事が速い企業(地上げ屋)と思い重宝していた」と言っとけばいいのに、わざわざツッコミネタを提供するなんて、もぅこのお茶目さん♪。

 そもそも、最低6件は光誉実業通して地上げしてたんだろ?。バックの無い独立系企業でもう逃げ道は無いんだから、最後位は綺麗に身を処しようぜ。…とか言ってたら、早速「岩田社長は会長職として会社に残ります」宣言。ダメじゃん。

 東証2部上場の建設不動産会社「スルガコーポレーション」(横浜市)が取得した都心のビルを巡る弁護士法違反事件で、警視庁組織犯罪対策4課は4日、大阪市の不動産会社「光誉実業」社長、朝治(あさじ)博容疑者(59)ら10人を同法違反(非弁活動)の疑いで逮捕した。

 スルガ社から朝治容疑者らに渡った地上げ資金は約40億円に上っており、同課は、このうち10億円以上が同容疑者の成功報酬だったとみている。

 朝治容疑者以外に逮捕されたのは、取引に協力した元住宅販売会社社長、風間勇二容疑者(57)や光誉実業社員ら9人。同課は残り数人についても逮捕状を用意、行方を追っている。

 調べによると、朝治容疑者ら10人は2005年秋から約1年間にわたり、弁護士資格がないのに、スルガ社から報酬を受け取り、千代田区麹町の「秀和紀尾井町TBRビル」の入居者との立ち退き交渉など法律事務を行った疑い。

 同ビルは05年9月、スルガ社が所有権を取得、朝治容疑者らの立ち退き交渉の後、07年春~秋に解体され、現在は駐車場として利用されている。同社総務部は「朝治容疑者の会社と取引があったのは事実だが、捜査中でコメントできない」としている。

(3月4日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です